• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2020年10月16日

学習コンテンツ共有で具体案=鈴木三重知事

 三重県の鈴木英敬知事は14日、新型コロナウイルス対策で進んだオンライン学習について、県や各市町が作った学習コンテンツを教職員間で共有できる仕組みの具体案を年内に取りまとめることを明らかにした。桜井義之亀山市長と同日対談した際、桜井氏の要望に応える形で表明した。
 桜井氏は「市町や学校が作成した優れたコンテンツを、県教育委員会のサイトで活用できたらすばらしい」と提案。鈴木氏は、県内の全市町教委と県教委の担当者で小中学校のICT教育を協議する会議を立ち上げたことを説明し、学習コンテンツの共有を進める方針を示した。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース