• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2020年9月16日

堺を学ぶアート企画展=堺市

 堺市の歴史や文化を発信する文化観光施設「さかい利晶の杜」は19日から、クリエイターチームと共に絵画と映像を交えたアート企画展「透明回線 ART Exhibition『SAKAI』」を開催する。
 企画展では、世界遺産の百舌鳥古墳群や茶の湯を大成した千利休、歌人の与謝野晶子ら堺にゆかりのある風景や人物を透明なカーテンに芸術的に塗装。プロジェクションマッピングの映像を投影して幻想的な空間を演出する。
 期間は10月18日までで、開催中は展示以外にもライブペインティングやアーティストと一緒に堺を学べる関連イベントも予定している。
 イベントについて利晶の杜担当者は「これまでの作品の見せ方とは異なるが、音や映像を合わせた展示を通じて堺のことを知ってほしい」と話している。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース