• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2020年8月4日

国立工芸館、10月開館へ=名誉館長に中田英寿氏―文化庁

 文化庁は4日、金沢市に移転する東京国立近代美術館工芸館(東京都千代田区)について、10月24日に同市で開館記念式典を開催し、翌25日から一般公開を始めると発表した。名誉館長には元サッカー日本代表の中田英寿氏が就任する。
 工芸館は東京国立近代美術館の分館で、陶磁やガラス、漆工などの工芸作品を収集・展示する。中央省庁などの地方移転の一環で、金沢移転が決まっていた。当初は東京五輪・パラリンピック開催に合わせ、7月に開館する方針だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期していた。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース