• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2020年8月3日

ザルツブルク音楽祭開幕=100周年もコロナ禍で大幅縮小

 【ウィーンAFP時事】世界有数の夏の音楽祭、オーストリアのザルツブルク音楽祭が1日、開幕し、リヒャルト・シュトラウスのオペラ「エレクトラ」などが上演された。今年で創設100周年を迎え、当初は200のイベントが予定されていた。しかし、新型コロナウイルスの流行で大幅に縮小され、例年23万枚販売されるチケットは8万枚にとどまった。
 1カ月にわたる音楽祭ではなお110の公演が予定されているが、主催者はコロナ対策として厳格な安全措置を課している。感染判明時に接触者の追跡ができるようチケットに購入者の情報を入れるほか、観客は座席に着くまでマスクの着用を義務付けられ、休憩や飲食のサービスはない。
 また、オーケストラの団員など周囲と少なくとも1メートルの距離を取れない出演者は定期的に新型コロナの検査を受けなければならない。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース