• 文字サイズ
  • A-
  • A+

東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

東書Eネットロゴ

  • 東書Eとは?
  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2020年3月25日

中学教科書ページ7.6%増=「対話的学び」重視―新指導要領で初検定

 文部科学省は24日、2021年度から中学校で使用される教科書の検定結果を公表した。同年度から全面実施される新学習指導要領に基づく初の検定で、指導要領改定や教科書の大型化を受けて、平均ページ数(申請段階、A5判換算)は平成最多だった現行教科書から7.6%増え、全10教科106点で計1万1000ページを超えた。
 新指導要領では、自ら問題を見つけ解決する力を育成するため、討論などを通じて能動的に学習する「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)を重視。このため、各教科とも章や単元の冒頭で学習課題を示した上で、最後に学んだ内容を振り返ってグループでの話し合いを促すなどの取り組みが多く見られた。
 昨年度に検定を受けた小学校教科書から使用が認められたQRコードやURLは、各社とも随所で活用。リンク先のホームページに外国人による音声や実験の動画を用意するなど、さまざまな工夫を凝らした。
 社会では北方領土に加え、竹島(島根県)と尖閣諸島(沖縄県)も「わが国の固有の領土」と新指導要領に明記された。ただ、現行の指導要領解説書には既に記載され、教科書も対応済みだったため、固有の領土に対して検定意見は付かなかった。
 検定を受けた110点のうち社会(歴史的分野)と技術・家庭(技術分野)で計4点が不合格となった。うち自由社の歴史では、欠陥箇所が1ページ当たり1.2カ所以上あると再申請が認められない新制度が初めて適用された。このほか、国語と英語の5点は合否判定が出る前に教科書会社が申請を取り下げた。
◇藤井七段、卓球石川選手ら
 2021年度から使用される中学校教科書では、話題となっている人物やテーマ、漫画・アニメのキャラクターが取り上げられた。
 英語のお気に入りの人物についてスピーチする章では、将棋の最年少棋士、藤井聡太七段や卓球の石川佳純選手らが登場。2015年のノーベル医学生理学賞受賞者で、自ら建てた美術館の館長も務める大村智・北里大特別栄誉教授は、美術の力を社会で生かしている例として挙げられた。
 戦時下の広島を描いたアニメ映画「この世界の片隅に」は、国語で漫画と絵コンテの比較に使われたほか、インターネット上で製作資金を集めたことから、新しい金融の一例として公民で紹介。さまざまな家族の形を表す例として、「名探偵コナン」や「3月のライオン」「大家さんと僕」など、漫画のキャラクターを並べた家庭の教科書もあった。
 地理では、世界と日本の関わりを考える導入部分として、若者に人気のタピオカミルクティーに着目。原料のキャッサバの原産地や生産国、タピオカになるまでの過程が解説された。
◇代替わり、扱い分かれる
 国民的な関心を集めた天皇の代替わりと平成から令和への改元は、公民や歴史を中心に関連コラムなどで扱った教科書があった。ただ、学習指導要領の内容そのものではなく、昨年4月の検定申請期限までに時間的余裕があまりなかったこともあり、扱いは教科書会社によって分かれた。
 コラムで代替わりに触れた教科書では、上皇さまが退位の意向を示したビデオメッセージの公表から特例法制定に至った経緯を説明するなどした。上皇ご夫妻の写真説明に「新天皇が即位する予定」と加えただけの教科書がある一方、「憲法に定められた天皇について触れた。(代替わりは)本質ではない」(編集者)として、言及しなかった教科書会社もあった。
 申請時は代替わり前だったため、「明仁親王」「徳仁親王」と表記した教科書会社も。各社とも今後、即位や改元を受けた記述や写真に更新する予定という。
 道徳の自然保護を考える題材としては、プラスチック製ストローの使い捨てなどが問題となった海洋プラごみが初めて採用された。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース