東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年10月9日

◎通学路ブロック塀撤去に全額補助=大阪府高石市

 大阪府高石市は、民有ブロック塀などの撤去費用を補助する制度を始めた。中でも、児童の通学路に面するブロック塀については15万円を上限に全額補助する。建築住宅課は「児童を含めた市民の安全性の向上を促進したい」としている。
 同課によると、対象になるのは、国道や市道、私道などに面した高さ60センチを超える民有ブロック塀などのうち、壁の厚さや鉄筋の有無、基礎の深さなど、基準に適合しない項目が一つ以上あり、安全性が確認できないケース。通学路に面したものだけでも市内で約500件確認できたという。
 通学路に面していなくても、15万円を上限に撤去費用の2分の1を補助する。今年度はまず、通学路に面したケースの約1割、50件の協力を得られると見込み、事業費750万円を確保。来年度以降は今年度の利用状況を見た上で、事業規模を決める。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース