東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年9月13日

◎五輪ボランティア希望は23.1%=笹川スポーツ財団調査

 笹川スポーツ財団は、「スポーツボランティアに関する調査」の結果を発表した。2020年東京五輪でボランティアを「ぜひ行いたい」「できれば行いたい」と回答した人は計23.1%だった。これに対して「全く行いたくない」「あまり行いたくない」との回答は希望者の3倍近い計60.1%に上った。
 東京パラリンピックについては「ぜひ行いたい」「できれば行いたい」は17.7%。調査は3月にインターネットで実施。対象は全国の20代から60代の1万人。このうち14.7%がスポーツのボランティア経験者だった。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース