東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年9月10日

◎水抜き完了、タンク内部公開=スーパーカミオカンデ―岐阜

 東京大宇宙線研究所は9日、岐阜県飛騨市のニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」のタンク内部を報道公開した。
 タンクは直径39メートル、高さ41メートル。内部には素粒子ニュートリノをとらえる「光電子増倍管」約1万1100本が配置され、金色に輝いていた。
 同研究所は、宇宙初期から起きていた超新星爆発で蓄積された「超新星背景ニュートリノ」の観測を目指し、タンクの改修中。通常は5万トンの純水を蓄えているタンクから水を抜いたため、内部に入ることができた。改修作業は10月中旬まで行われ、来年1月に観測を再開する予定。
 スーパーカミオカンデでは1998年、梶田隆章同研究所長らがニュートリノに質量があることを示す「ニュートリノ振動」の証拠を発見。梶田さんは2015年のノーベル物理学賞を受賞している。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース