東書Eネットロゴ

  • 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年7月11日

◎小学校教員に英語指導研修=埼玉県教委

 埼玉県教育委員会は、小学校の外国語教育が2020年度に全面実施されるのに備え、夏休みに小学校教員を対象にした英語指導力養成講座を実施する。県内の公立小学校全706校から各1人の教員を選び、文法の指導実践やテストの作成といった英語の教科化を踏まえた研修を行う。18、19年度の2カ年実施し、英語指導力のレベルアップを目指す。
 養成講座は8月7、22、23日の計3日間実施。文部科学省の調査官や大学教授らが講師となり、初日は20年度から小学校で導入する3、4年生向けの外国語活動と5、6年生の外国語との違いについて理解を深め、年間指導計画や授業で使う英会話、テストの作成や評価の方法などを学ぶ。
 2、3日目は5、6年生の単元指導に関し演習を交えながら、教員が授業で使う英語力の養成に力を入れる。例えば、5年生で学ぶbe動詞や助動詞、6年生で学ぶ過去形などの指導法への理解を深め、テスト作成や評価の能力向上につなげる。
 県教委は、これとは別に15年度から各市町村から推薦を受けて毎年度、小学校で英語指導の中心となる教員の養成講座を展開。19年度まで継続し、校内や地域のリーダーとして教員の英語指導力の向上を目指しており、小学校での円滑な外国語教育の実施に備える。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース