• 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年6月11日

◎図書館が健康・医療情報ガイドの改訂版=埼玉県

 埼玉県立久喜図書館は、健康・医療情報の調べ方をまとめた小冊子「健康・医療情報リサーチガイド」の改訂版を発行した。2015年3月に発行した初版のデータを更新。同時に、カウンターを訪れる利用者からの問い合わせが多いメンタルヘルスと発達障害に関する推薦図書や相談機関などの情報を新たに掲載した。県立の久喜、熊谷両図書館などで配布し、市町村の公立図書館でも閲覧できる。
 久喜図書館は、健康・医療情報コーナーを開設し、病気や薬、栄養学を含め、入門書から専門書まで約7200冊の関連図書を所蔵。初版は健康・医療情報の小冊子としては公立図書館初の試みで、患者団体などからも反響があった。
 改訂版はA5サイズで全30ページ。従来の「がん」や「認知症」、「医療機関・医師」といったジャンルの情報の入手方法に加え、「精神疾患・精神衛生(メンタルヘルス)」と「発達障害」の2項目について調べ方、関係機関、相談窓口、参考図書、関連サイトなどを記述。電話での相談にも応じ、県立図書館のウェブサイトでも閲覧できる。
 図書館の担当者は「インターネットで検索しても、健康・医療情報が膨大で困っている人が多い。多くの情報から必要な情報を見極める手助けになれば」と話している。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース