• 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年6月11日

◎子ども居場所づくり支援=相談窓口開設―岡山市

 岡山市は6月から、子ども食堂や学習支援など子どもの居場所づくりに関する相談窓口を開設した。新たに活動を始めるケースのほか、子ども食堂への食材提供希望、活動継続上の問題など相談のニーズが高まっていることに対応する。
 こども福祉課の担当者は「補助金などで活動を支援する自治体は増えているが、活動を縛り付けるのではないかといった声もある」と話し、相談体制の充実などによる活動支援の重要性を強調する。
 昨年7月に岡山市が主催した「子どもの居場所づくりネットワーク交流会」に参加した子ども食堂団体は、いずれも月に1、2回開催。子どもが通える学区内に、複数の子ども食堂ができるよう、居場所づくりに興味を持った市民の相談に乗っていくという。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース