• 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年6月11日

◎タンク内部、12年ぶり公開=スーパーカミオカンデ―岐阜

 東京大宇宙線研究所は10日、岐阜県飛騨市のニュートリノ観測施設「スーパーカミオカンデ」で水をためたタンクを12年ぶりに開け、報道陣に公開した。タンクの内側では、素粒子ニュートリノを捉える「光電子増倍管」約1万3000個が青色の光を放ち、幻想的な世界が広がっていた。
 同研究所は、宇宙の初期から起きてきた超新星爆発によって蓄積された「超新星背景ニュートリノ」の観測を目指すため、6月から9月末までタンクの改修工事を進めている。
 タンクは直径39メートル、高さ41メートル。純度が極めて高い水5万トンを蓄えるが、1日約1トンが漏れているため止水補強を行う。他に水の循環速度を上げるため配管を改良したり、不具合のある数百本の光電子増倍管を交換したりする。
 作業は9月末まで行われ、10月初旬から超純水を供給。12月中旬に観測を再開する予定。
 スーパーカミオカンデ代表の中畑雅行教授(58)は「改良するとニュートリノが特別な光り方をして、信号ノイズと識別しやすくなる。世界で誰も見つけていない新しいニュートリノを見たい」と期待した。 

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース