• 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年6月7日

◎ラノベ「二度目の人生」出荷停止=アニメ化も中止―作者の差別投稿で

 ライトノベル「二度目の人生を異世界で」の作者がインターネット交流サイト(SNS)で過去に不適切な発言をしていたなどとして、出版元のホビージャパンは7日までに、全18巻の出荷停止を決めた。
 同作をめぐっては5月下旬にアニメ化が発表されて以降、作者のまいん氏が中国や韓国に対する差別的な発言をツイッターに投稿していたことが指摘され、声優の降板が相次いでいた。製作委員会はアニメ化の中止を発表した。
 ホビージャパンの担当者は「作品の内容とは切り分けるべき事項だが、著者が過去に発信したツイートは不適切な内容だった」とし、「作品中の一部の表現が多くの人々の心情を害している実情も重く受け止めた」と説明した。
 まいん氏は自身のツイッターで「不適切な表現があったことを深くおわびします」と謝罪した。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース