• 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年6月7日

◎若者投票率向上で漫画コンクール=北海道選管

 北海道選挙管理委員会は、若者の政治や選挙の関心を高めようと、高校生を対象とした4こま漫画コンクールを実施する。優秀作品は道選管のホームページに掲載するなど、漫画という親しみやすいメディアを活用して投票率向上につなげていきたい考えだ。
 対象となるのは、1票の大切さや暮らしと選挙の結び付きなどを題材にした4こま程度の作品。応募用紙はA4サイズの白い紙で、画材は自由とした。個人と団体の部を設け、道内の高校生であれば誰でも応募できる。受付期間は6月30日まで。
 優秀作品には個人の部で最高1万円程度、団体の部で最高3万円程度の賞品が贈られる。コンクールは2017年度に続き2回目で、個人の部のみだった前回は29点の応募があり、そのうちの入賞作品は、道選管のイベントなどに活用された。
 道選管は「一人ひとりの1票がまちの発展や明るい未来につながるといった、選挙に行きたくなるようなイメージの作品を期待したい」と話している。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース