• 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2018年6月7日

◎元選手の雇用に奨励金=引退後のキャリア支援―金沢市

 金沢市は今年度から、スポーツ選手や指導者の引退後の生活を支援するため、元選手らを雇用する事業所や、指導を依頼する競技団体に補助金を支給する事業を始めた。今年度の事業費は350万円で、10人程度の支援を想定。一流アスリートが能力を生かして充実したセカンドキャリアを送れるようにするとともに、市内スポーツの競技力向上を図る。
 支援するのは、▽国際大会や全国大会への出場経験があるなど一流の実績のある選手▽実績を挙げた選手の指導経験がある人▽サッカーJ2ツエーゲン金沢など地元プロスポーツチームに所属していた人―が対象。市内に居住、勤務しながらスポーツ指導を行うことが前提条件となる。
 市は対象者を正規雇用した事業所に、1人当たり年間50万円の雇用奨励金を最長3年間交付。対象者を事業所に推薦し、雇用後も対象者に指導活動を依頼する競技団体にも、年間の活動経費の半分(上限10万円)を最長3年間支給する。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース