• 東書Eネットへ登録する
  • 東書EネットIDでログイン

ページTOPへ

前のニュース

次のニュース

2017年8月10日

◎加計疑惑、詳しく説明=林芳正文科相インタビュー

 ―学校法人「加計学園」による国家戦略特区への獣医学部設置の問題に関して、「加計ありき」との批判に対してどのように説明するか。
 プロセスを精査しながらやっていくことが大事。前川喜平前事務次官のいろいろな発言についても、どういう趣旨でおっしゃったのかを整理して、さらに詳しい説明ができないかと思っている。
 ―今月末には大学設置・学校法人審議会が学部設置の可否について答申するが、文部科学相としての対応は。
 専門的な観点から審査してもらいたい。最終的には審議会の結論を尊重して判断するということに尽きる。
 ―組織的な天下りについて、文科省のどこに問題があったか。
 他の省庁に比べて天下りに対するガバナンス(統治)が弱いところがあったという印象。反省の上に立って再発防止策をやっていくことが大事だ。
 ―教育の無償化についてどう考えるか。
 幼児教育は段階的無償化が既定路線になっているが、高等教育についてはいろいろな議論が残っている。引き続き議論が必要だが、教育費の負担軽減をしっかり進めていくことが大事だ。
 ―教員の働き方改革に関し、時間外勤務手当が支給されない法制度の見直しについては。
 過去にもトライしたことがあり、そう簡単な話ではない。中央教育審議会で議論していただいてからの対応になる。
 ―東京23区内にある大学の定員規制については。
 東京への一極集中是正は大事な問題。ただ、東京に来なくても地方で学べる施策をセットでやらなければいけない。社会的政策と教育的政策、両方の観点で検討すべきだ。

教育文化ニュース一覧に戻る

前のニュース

次のニュース